2008年12月31日

マイケル・ジャクソン、「肺の病気」はデマ

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が、呼吸器系の難病を抱え肺の移植手術が必要だと報道された件で、マイケルのスポークスマンは声明の中でこれを正式に否定した。

↓もしこの情報がお役に立ちましたら、クリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ

メールマガジン
「ポップス名盤セレクション」も好評配信中です。
http://www.mag2.com/m/0000247871.html

キャプテンファンタスティックへの連絡フォーム

この報道は、マイケルの非公式伝記を執筆したイアン・ハルペリン氏が、サンデー・エクスプレス紙のインタビューの中でマイケルが血液と肺の病気にかかっていると語ったもので、報道では、マイケルは内出血と肺気腫に苦しんでおり、左目の視力は95%が失われている、と伝えられた。

しかし、医師によるとマイケルは健康で、ワールド・ツアーさえ予定しているとのことで、移植が必要な病気にはかかっていないと、報道を否定した。

↓もしこの情報がお役に立ちましたら、クリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ

メールマガジン
「ポップス名盤セレクション」も好評配信中です。
http://www.mag2.com/m/0000247871.html

キャプテンファンタスティックへの連絡フォーム
posted by Captain Fantastic at 11:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111951918

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。